有限会社高砂カッターは、道路カッター工事、ダイヤモンドコアドリリング工事、ダイヤモンドブレードの販売もしています。

kamshi

これ程凄い天災の行方を案じている私達の意向を汲んで頂き

私の占いの先生である脇田紫經先生の見解です。

『この程の天災の原因は、気象・化学・宗教・思想など
各分野からそれぞれの見解があると思われますが

私どもは、運命学に携わっている者ゆえに
この観点から観ることができます。

運命学は「暦」の世界であり 
暦は、自然界(天・地・人)の法則です。

すでに昨年末「平成23年の社会世相と各人の運勢」のセミナーに於いて

平成23年は
「爆発事・火山・政局のゴタゴタ・日本の亡国・一番運が悪い国は 日本と韓国・・・等」
と、予想発表しましたが

まさか、これほどひどいとは思いませんでした。

何と言っても、3月は万人にとって、イヤな月で
冷静な行動を要する月であります。

この事は、鑑定依頼者や生徒さんには伝えてあり
移動・引っ越し・旅行・開運のための
お砂取りやお水取りは、禁止させていだいておりました。

なぜ、3月がイヤな月かと言うと

平成23年は「辛卯7赤金星」の年です。

分かり易く言うとウサギ年。
そして、3月も「辛卯7赤金星」のウサギ月。

つまり、年も月も天・地・人の星がまったく同じ
「同盤(どうばん)」の年月と言いまして

あらゆる事の作用が、強烈でこの反動があると、暦は教えています。

「地」だけが同じ月・「人」だけが同じ月もあり

やはり、イヤな月ですが 

「天・地・人」が同じ星の、年と月はめったにありません。

今年の3月は、暦法上こうした月です。

次回は、平成39年7月ですが、今回と同じ事柄や事象ではありません。

ただ とてもイヤな年月である事を、ちょっと頭の隅にでも入れておいてください。

また、方位方角面でも、3月11日の東北方面は厳しい方位です。

以前から、東北方面に諸用や旅行に行った人
3月11日当日に行った人も11日は帰れない方位となっています。

暦は、色々な事を教示してくれます。

今は、原因とか国の政治が悪政である時は、天災があるとか
大地のカルマとか理屈や物見遊山の時ではなく 

一人でも多くの被災者が助かること、癒されること

原発事故がひどくならないように、祈り、祈り・・・

時の経過とともに、様子を見ながら自分達が出来ることで
復興に協力しましょう!!

株式会社 和顔世 主任鑑定師 脇田紫經  平成23年3月

powered by HAIK 7.2.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional